英検 英単語 学習の進め方

英検 英単語

 

英検 英単語 学習の進め方

どのように英検 英単語 学習は進めるべきか?

 

英検 英単語 学習 を始める時に重要であることは、英検 英単語 は2つのパターンに分かれるという事だ。

 

・語彙問題用に必要な英検 英単語

・リーディング リスニング用 英検 英単語

 

同じ英単語でも、学習方法が多少変わって来るので、これら2つのことを考えて英検 英単語 学習をしていかないと学習効率は非常に悪い。

 

 

語彙問題用 英検 英単語 学習

どこまで覚えるべきか?

 

英検で一番最初に出てくる語彙問題のセクションだが、英単語力が無い人が沢山覚えるのは大変な作業である。そして、ボキャブラリービルディングは時間もかかる作業であるので、最小限の努力で乗り切りたい。

英検は英単語だけの試験ではないので、この部分で凡そ7割位取れることを目標に学習を進めるのが良いだろう。最小限の学習で乗り切る為には以下の視点が必要になる。

 

・現在の 英検 英単語 の習得度合いは?

・4つの選択肢のいくつ位までが自信を持って選べるか?

・英検 英単語 学習 には何を使うべきか?

 

過去問題をやり、現在の 英検 英単語 習得度合いを見極める。

 

まず現在の習得度合いがどの程度のものであるのか?を正確に把握する為に、英検 過去問題 に挑戦し以下を確認すると良いと思う。

 

・どの程度正解出来るのか?

・選択肢のいくつの英単語を自信を持って知っているか?

 

4つの選択肢のうちの3つに自信を持って答えられるまで進める。

 

英検用の英単語を全て覚えようとすると膨大に時間がかかる。そして〝膨大な時間をかけて一体どの程度得点が上がるのか?〟ということが問題になる。

したがって、英検 英単語 を覚える作業は最小限で終わらせたい。その時に重要になるのは、選択肢の3つの英単語に自信が持てるようになれば、合格に必要な点数の7割位はクリアできるようになるという事だ。

3つを自信を持って選べるようになるまで、英単語学習を進めれば良い。

 

英検 英単語 語彙問題学習 には何を使うべきか?

 

英検 英単語 対策には、やはり、英検過去問題と、過去問題のデータをベースにした 英単語集を使うべきだ。

級ごとに凡そ頻出の英単語というのは決まっているからだ。そして、自分の知っている英単語は排除して、知らない英単語を少しずつ覚えていくことが重要だが・・・

 

・英検 英単語 をどの位覚える必要があるのか?

 

という疑問が残ると思う。これは以下で記したい。

 

英検 英単語集はどの程度覚えるべきか?

 

英検 英単語集は一気に全て覚えようとしないで、300程度ずつ覚えていくのが一番効率が良い。

あくまでも選択肢4つのうちの3つを自信を持って答えられるようになることが重要であるので、英単語集を1冊潰すまで取り組むと時間がかかり過ぎる。あまりダラダラ覚える作業を続けると、英単語学習のモチベーション維持も大変だ。

300程度覚えて語彙問題の選択肢3つをある程度正確に選べるようであれば、終了させてもよいし、それで足りなければ、次の300を覚え過去問題に取り組み確認するという作業を段階的に続ける無理なく合格に必要な得点が出せる。

 

もう一度語彙問題用の英単語の覚え方を記すと以下になる。

 

1.過去問題のデータから作られた英単語集の中の300単語程度覚える。

2.英検過去問題の語彙部分をやり、選択肢のいくつを知っているか確認。

3.3つの選択肢に自信が持てないようであれば、次の300を覚える。

4.再度、英検過去問に挑戦し、学習の進捗具合を見極める。

 

 

リーディング リスニング用 英検 英単語 学習

リーディング用 英検 英単語 学習は何から始めるべきか?

 

ーディングをしながら、英単語を覚える目的は、最終的に文章をスラスラ読めるようにし、得点を上げられる力を獲得する為だ。

したがって、リーディング用英検 英検 英単語学習は、英検リーディング対策の一環として過去問題を読みながら習得していくのが一番効率が良い。

文章をスラスラ読むのに十分な英単語の数があれば、英単語を覚えることに必要以上に神経質になる必要はない。

文章を読みながら、その都度英単語を覚えていくと、さして苦労しなくても覚える事が出来るようになる。したがって、これが出来る為には、以下が非常に重要になる。

 

・リーディング用 英検 英単語 学習 は文脈を正確に追えるか?

 

 

英検 過去問を読み文脈を把握できるか?

 

英検リーディング学習を通じて英単語を獲得したい時は、英文を読んだ際に、文脈を追えることが前提だという話はした。

文脈を追うためには、単に英文を読む力だけではなくて、やはりある程度の英単語も必要だ。

この状態に達するには、読みながら英単語を覚えていく作業をするのが基本になるが、基礎的な英単語が欠落していると、読みながら覚える事が難しくなる。基礎的な英単語がどの程度習得できているか?というのは以下で決まってくる。

 

・下の受験級の英単語をどの程度覚えているか?

 

 

下の級の英単語はシッカリ覚えているか?

 

英検過去問題を使いながら、長文問題などを読む時に、文脈が正確に取れる必要があるのだが、思ったように話の流れが掴めないと言う場合がある。理由の一つに、以下が考えらえる。

 

・自分の受験級より下の級の英単語を正確に覚えているか?どうか?

 

受験級が上になればなるほど、それより下の英検級で出題される語彙水準はクリアできていることが前提になる。そして、下の級の水準の単語ほど複数の意味を持つ。この複数の意味をシッカリ抑えていないと、文脈を取るのは難しくなる。

 

 

やさしい英単語の穴を潰す。

 

仮に自分が英検2級の学習をしていても、英文をスラスラ読めなかったり、文脈を正確に追えない時は、一つ下の英検準2級or 3級の英単語で穴がないか?を確認して欲しい。

英検の過去問題をベースにした英単語集で確認し、潰すのが一番早いが、数があまりにも多すぎる場合、下の級の英文を暫く読み、内容理解をしながら、英単語を潰していくのでも良い。

 

 

英検 過去問題をやり、文脈が追える人はリーディング・リスニングをやり覚える。

 

文脈をある程度正確に追う力があり、内容理解が出来る人は、ドンドン英検過去問題の英文を読み、そして、英検リスニング対策を行う過程で過去問題を聞くという作業を組み合わせると、より効率的に英単語を覚える事が出来る。

英単語をそのプロセスの中で拾う方が印象に残りやすいので覚えやすい。英単語それ自体を単独で覚えるのではなくて、必ずどのような場面でこの英単語は使われていたか?を意識しながら読むと良いだろう。

 

 

英検 過去問題をやり、拾いきれない英単語は英単語集を使って覚える。

 

英検過去問題をやりながら英文を覚えようとしても、自分の知らない英単語に出会う頻度が少なくなってきた・・・と感じたら、英文を読みながら英単語を拾っていくスピードは遅くなるので、リーディングの為の英単語力を伸ばしたい方は、英検 語彙問題で使う英単語集を少しずつ潰していくのが良い。

一気に沢山覚えるのではなくて、毎日少しずつ通勤時の空き時間などを使いながら覚えるのが効率が良くて楽である。(※効率的な 英単語記憶をしたい方は 英単語 覚え方 を参照して欲しい。)