英検求人 について ~転職・キャリアアップに繋げる為に

英検求人について ~転職キャリア・キャリアアップに繋げる為に

英検求人 について ~転職・キャリアアップに繋げる為に

 

英検学習をしている人の中には、英検取得を転職やキャリアアップに繋げたいと考えている方も多いと思う。本日は「 英検求人 」についてお伝えしたい。

 

英検取得と求人内容について

 

英検取得をし、自分のキャリアアップに繋げたいのであれば『自分がターゲットとする英検級を取得した時にどのような事が出来るのか?』という事と『その英検級でどの位の待遇を得られるのか?』を考えておくと良いと思う。

 

以下にネットで私が調べたものを書いてみたいと思う。

 

英検準2級と求人内容・待遇

 

英検準2級を取得している方が、それを活かすことによって出来る仕事で多かったのは、主に以下であった。

 

託児所系のお仕事と塾などでの採点補助員、一部の指導内容がマニュアル化されていると思われる子供英語教室であった。

 

待遇に関しては時給換算にして800~1000円位というところであった。

 

英検2級と求人内容・待遇

 

英検2級を取得している方が、出来るお仕事は以下であった。

 

子供英語教室・塾講師・英語教室の受付業務などである。

 

待遇に関しては、時給換算で1000~1500円位であった。

 

英検準1級と求人内容・待遇

 

英検準1級を取得している方が、出来るお仕事は以下であった。

 

英語を使ったオフィス系の仕事・英会話講師・TOEIC・英検クラス指導講師などである。

 

待遇は時給換算で2000~2500円位であった。

 

英検1級と求人内容・待遇

 

英検1級を取得している方が出来るお仕事は以下であった。

 

英語を使ったオフィス系の仕事・英会話講師・TOEIC・英検クラス指導講師・大学の英語担当非常勤講師などである。

 

待遇は時給換算で2500~3500円位であった。

 

英検求人について ~転職・キャリアアップに繋げる為に2

 

英検取得をキャリアアップに反映させる為に

 

英検準2級を取得している方は少し頑張るだけで時給が500円程度アップ出来るので、上手な 英検リーディング英検リスニング学習方法を選択し、英検2級を早めに取得してしまう方が良い。

 

英検2級を取得している方は、ちょっと工夫するだけで、結構おいしい思いが出来るように思う。例えば英語が苦手な中学生や高校生に上手に指導することが出来き、自宅などで開業すれば、現在と同じ英語力で時給が下手をすると2倍位に出来るように思われる。この時に必要となるのは、指導力と集客力である。

 

英検準1級と1級を取得している人は、英語指導の仕事は勿論、英語を使ってその他の仕事が出来るようになるので、仕事の幅が格段に拡がる。

 

待遇面に関しては、英語を指導する場合、英検2級の場合と同じように指導力に磨きをかける事と集客力が重要になる。

 

英検準1級・1級取得者がオフィスワークをする場合、英語を道具として使用することが求められる為、学習段階から、道具として英語を使えるように考えながら学習していくことも重要である。

 

例えば、英検準1級や英検1級でリスニング学習をする際に、補助的にラジオ英会話などを使ってリスニング力を上げようとする。この時に、ラジオの中の講師が、ある英語表現について説明をした時に、『今の自分の仕事にこれは必要だから覚えよう』とか『自分の仕事では、この表現をこういう場面で使うと良いな~』などと考えながら学習していくということである。

 

また、2次試験の英語面接の為に、短文英作文などの練習をする時にも『この英文を自分の仕事で活用する時にはどのようにアレンジするのが良いだろう?』と思いながら練習をすると、試験に合格するだけではなくて、それを活用する時に、自分が勉強したことが役に立っている感覚になると思う。

 

転職を考えている方は〝現在の英検取得級と自分の力をどのように結び付けると次のステージに行けるのか?〟と考えることが重要であると思います。

 

例えば、英検2級を取っている営業マンが転職する際に英会話が必要な場合、短文英作文の練習を駆使してコミュニケーションに必要な英会話力を獲得出来れば、それだけでも結構な武器になるはずです。この時に重要なのは簡単な英作が瞬時に出来るようになる事と、自分の仕事内容をそれらの知識をうまく加工し説明出来るようになることです。

2015年8月13日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : hoshinoenglish

英検対策仲間と情報共有をしよう!

英検学習や英検対策をする時に自分の周りに同じ状況の人がいれば、ぜひ情報共有や協力することをお勧めいたします。

英語が苦手な人得意な人いるいるかと思いますが、得意な人と得意な人が組むのは、もちろん言うまでもないですが、英語が苦手な人と苦手な人が組んで英検対策に関して連携するのも色々な意味で面白いでしょう。

英検対策をする上での連携というのは、色々なパターンで可能です。

・英検学習全般に関する戦略。

・自分が使っている英検参考書の話。

・英検過去問の中に出てきた問題の話。

・自分がよく分からない文法事項に関する話。

・英検に出題される英単語の話。

どんな事でも構わないのです。

情報共有することによって、自分が通常思ってもいないような発想がパッと浮かぶこともあります。

また、英検学習するべく主要なモチベーションの維持の効果もあるでしょう。1人で黙々と英検対策を続け、それを続けられるのであればそれはそれで良いかもしれません。ですが、一生懸命やってもパッとしない時などに仲間がいると気分転換にもなるものです。つまり嫌な気分を断ち切ることができてモチベーション維持をしやすくなるでしょう。

さらに、友人に自分の学習したことを話すことによって頭の中が整理整頓されて、自分の理解力が高まるという効果もあります。

ぜひ英検対策をする際は情報の共有を心がけてみてください。

2014年4月30日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : hoshinoenglish

英検準1級リスニングPart2について

いよいよ明後日に英検が迫ってきました。

さて、本日は難易度の高い、英検準1級リスニングpart2についてお話したいと思います。

英検準1級リスニング問題をやると、皆さん難しく感じるのがPart2の問題です。私個人の意見から言わせて頂くと、あの問題はTOEICリスニングのPart4よりも難しいように思います。

ですから、あの問題が試験で出来なくても、あまり落ち込む必要がないというのが、このpart2に関する印象です。英検準1級リスニング合格点狙いはpart1で確実に取り、part3である程度取ることだと思います。

とは言っても、Part2丸々全てを捨ててしまうのは勿体ない気持ちも解ります。

では、この準1級リスニングpart2をどう攻略するか?ですが、話の流れを可能な限り追うことに集中し、12問中7問位を目標にせめてみるということだと思います。「5問は捨てても、どうにかなるさ。」と考えるだけでも精神的に楽になるのではないでしょうか?

直前にリスニングの練習をする時は、くどいようですが、過去問中心に5問は捨てられるという姿勢で、話の流れを追うことに意識を傾け練習してみることでしょう。

英検準1級の合格点は過去のデーターから言うと、凡そ70点前後が合格ラインです。リーディングも含めて、全体でこの70点をどう狙うか?を過去問を使いながらシミュレーションを直前に再度行うことをお勧め致します。

2014年1月24日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : hoshinoenglish

英検1次試験直前にすべきこと 2

英検1次試験まで、あまり時間がない状態で対策を始めた方で、たまにあるパターンがリスニングの音が聞き取れなくて焦るというものです。(本当はリスニングは練習次第で点数が大幅に上がるので、余裕を持って練習を早めに開始して欲しいのですが・・・)

リスニングの弱点解決には時間がかかるので、音が聞き取れないとなると、なかなか打てる手は限られてくるのですが、一つだけ絶対にやらない方が良い事があります。それは・・・

〝過去問以外のリスニング教材をすること〟です。

その理由は、実際の問題で英会話をする人と、過去問題以外の場合では、話し手が違うためです。

話し手が違っても、それなりに力がある人は、どうにでもなるのですが、英検リスニングが出来ない方は、時間ばかりかかって得るものは少ないので、やめた方が良いでしょう。

普段から聞きなじんだ英語は聞きやすく、英検本番で多少難しい場合でも、どうにかなるかもしれませんが、音が普段の練習と違う場合では、さらに自分で緊張感を煽るだけですから、何も良い事はないと思います。

英検試験直前からリスニング対策をスタートして時間が無い方は、とにかく過去問を時間が許す限り大量に聞き、この音に鳴らしてみて下さい。1週間とか2週間でも聞かない場合よりは絶対に良いと思います。

2014年1月16日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : hoshinoenglish

英検準1級=センター試験満点案について

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。

英検に関して今年も役に立つような情報をどんどん提供していきたいと思います。そして、レッスンでは、英検学習を効率的に進め、モチベーションがさらに上がるような内容をドシドシ提供していきたいと思います。

さて、文部科学省が英検やTOEICをセンター試験に活用するという案がメディアで報じられました。これは面白い案であると思います。英検の場合は準1級取得者、TOEICの場合は780点取得者に対して満点を与えるのだそうです。

私の感覚では、センター試験で満点を取るより、英検準1級やTOEIC780点をとる方が簡単であるように思われれます。というのも、センター試験の英語がこの3つの試験の中では一番レベルが低いですが、どんなに英語が出来る人がやってもミスというのは起こり得るものです。

そして、英検やTOEICは何回でも受けれるので、それだけチャレンジの回数も拡がります。

大学受験英語学習のプロセスは、大学入学後や社会に出てからも役に立つと思いますが、先に英検準1級の学習を進めておくと、大学受験英語の勉強をやる場合よりも、より実践的な英語学習を行う という観点から考えた場合はお得であるようにも思います。

2014年1月3日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : hoshinoenglish

HOSHINO ENGLISHの英検専用サイトをオープンしました。

この度、より英検情報を分かり易くお伝えする為に、こちらのサイトを公開いたしました。

色々と新しい事だらけで、使い勝手がよく解らない部分もあるのですが、英検に関する情報を

定期的に発信していく予定です。

記念すべきニューサイトオープンです。